「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

GERMAN MANIAC BILDREPORT

キングタイガーのニューキット

久しぶりの投稿になりました。
さて、モンモデルからアナウンスされていたキングタイガーですが
中国メーカーのお家芸、バッティングでタコムから早くもテストショットの写真が公開されました。
メジャーなキングタイガーなので、そのシルエットはだいたいの想像はつきますが
履帯をスライド金型を使用して細部のディテールを完全に再現しています!
e0135107_23323341.jpg
e0135107_23331884.jpg
これを見せられたモンモデルも当然対向するでしょうな。
e0135107_23345645.jpg
ただ、コーティングされた仕様で、しかも出来はふた昔前のドライバーコーティングの様な不出来。
今の所コーティング無しバージョンが出ない限り購入意欲はわかないでしょうな。




[PR]
# by dickermax | 2016-06-26 23:42 | Comments(0)

ついに3号突撃砲0シリーズの機関室(3号B型)の全貌が明らかに!

ミニアートの模型の発売にタイミングを合わせたかのように3号突撃砲0シリーズの機関室の
クリアーな写真が発掘された。
ミニアートがこの新資料を反映させるのなら、模型の発売は延期せざるを得ないかもしれない。
それはそれで少し残念だけど金型改修するとなると、3号B〜Cとの兼ね合いもある。

それにしても今年は3号A型の機関室の全貌もある程度判る写真も出てきたし
4号駆逐戦車 L/70にコーティングが施されていた車両もあった、などなど新事実が次々と・・・
あとはクーゲルプリッツの実戦の写真を待つばかりだ。。。

*その後、詳細に写真を調べていくと、今度は新たに???な箇所が・・・
まだまだ完全に全貌が明らかに、とはいかない様だ。


[PR]
# by dickermax | 2016-02-20 13:20 | Comments(0)

ミニアートから3号突撃砲0(ゼロ)シリーズ

e0135107_18080884.jpg
ミニアートから3号突撃砲0(ゼロ)シリーズの発売がアナウンスされた。
3号戦車B型を発売しているから出るのは時間の問題かと思われたけれど、ブロンコからA型
ミニアートからB型、C型、D型と個人的に思い入れのある3号戦車シリーズ初期の試作型が全て
インジェクションキットで揃えられるとは感慨深い。

実は、まあ、もう数年前なんですが、この戦車はスクラッチしようとかなり準備をしていたんです。
その複雑な足回りもさる事ながら、メインホイルの小ささがネックとなり頓挫・・・
円柱がベースとなるスクラッチはある程度の大きさでないと正確に作るのは手作業だとかなり至難。
35スケールの小ささを呪ったものです。

ただ、以前投稿した、ミニアートの3号B型の機関室の間違いはそのまま踏襲されると思うので
(すみません、本当ならその記事を完結させたいところなのですが・・・)
ある程度考証にうるさいモデラーは修正が厄介かと。
0シリーズの写真はひじょうに少ないんですが、それでも数枚新たな写真が発掘されて
その起動輪がB型のそれに補強スポークが追加されたり、の新たな発見もあり、ただしB型のままの
車両もあるのでキットのままでもOK。

[PR]
# by dickermax | 2016-01-20 18:20 | 3号戦車B/C型 | Comments(4)

謹賀新年

e0135107_17431672.jpg

今年は良い年でありますよう
[PR]
# by dickermax | 2016-01-01 00:00 | etc・・・ | Comments(2)

8.8㎝Fiak41砲搭載型パンサー自走砲

このところの暑さはこたえますね・・・
気象庁の予報では今年はエルニーニョの影響で例年通りか冷夏になるとか言ってなかった?
まあ、予測だからしょうがないけど、もう日本の夏は今後、毎年酷暑だといういうのは
覚悟しておいた方がよさそうですな。

もはや7〜9月は模型なんぞ作れる環境ではないので、模型以外の趣味を楽しみましょう、
と、言っても当方、1977年の夏の東京AFVの会に持っていく作品を
汗だくになって完成させた記憶があって、今となっては夏季の良い思いで。
若い人はこの時期の活動は記憶に刻まれるので、ガツガツ活動しましょうってか
そのパワーはあるはず。

さて、話題を模型の方へ。ドイツのカスタムスケールと言うサイトの
モデルキング、と言うガレージキットメーカーなんですが、以前当方が制作した
8.8㎝Fiak41砲搭載型パンサー自走砲をキット化!するようです。

当方がスクラッチしたのはパンツァートラクツNo.20-2に載っているHL・ドイル氏の
四面図のレプリカですが、モデルキングの物は、よりモックアップに忠実で
モーターブーフ本のドイル氏の側面図をモデル化しています。
e0135107_18523352.jpg
e0135107_18535966.jpg
砲塔を前面から見ると、モックアップにかなり忠実なライン。
この砲塔の奇怪な形状を見ると、今ならブロンコのFiak41もあるし、食指が動きそう?

なお、当方がスクラッチした8.8㎝Fiak41砲搭載型パンサー自走砲はフェイスブック
未塗装ですが公開しています。お暇でしたらご覧ください。


[PR]
# by dickermax | 2015-08-04 23:22 | etc・・・ | Comments(0)