GERMAN MANIAC BILDREPORT

ボール盤のカスタム 3

購入したM10ピッチ1.0のボルトナットをドリルチャックに溶接する訳だ。
専用の機器が無い素人が自宅で製作するにはこの方法しか思いつかない。
e0135107_19461950.jpg
ボルトナットは一つにするか二つにするかは思案中。
二つの方が安定するが本機との距離が出てしまい、芯ブレもより増してしまう。
e0135107_19504349.jpg
同時に購入したボルトを芯に挟んで溶接してできる限りボルトを中心にする。
孔がずれたり曲がったりしたらアウトだからね。
e0135107_19533605.jpg
溶接器は以前ヤフオクで未使用品を格安で購入した家庭用100Vアーク溶接器だ。

それにしても一昔前なら自宅で溶接ができるなんて考えられなかったけど
今は道具一式揃えてもほぼ1万円弱で手軽にできてしまうとは。。。
まあ、道具を揃えてもちゃんと出来るかはあるけれどね。

と、現段階ではここまででボルトを溶接する前に練習として考えてる物の製作が
あるのでそれをやってからかなぁ。なにせ初めての溶接体験だからねぇ。

それと、ホーザンの小型ボール盤に13ミリドリルチャックを使うなんてのは
言ってみたら軽のエンジンで大型トラックを運転するようなものだから
仮に成功しても長時間の使用は多分モーターを痛めてしまうだろうと予想する。

それでもひょいと卓上に乗せて気楽に使える小型ボール盤は魅力で
13ミリのドリルが使えたら尚更だ。
さてどうなるかな?


[PR]
# by dickermax | 2018-02-26 13:43 | 道具/工具類 | Comments(0)

ボール盤のカスタム 2

ドリルチャックを交換するにあたり、ネットで勉強した。
チャック取り付け部には大まかに二種類あって、多いのはネジ状になっている物(今回のホーザンの物)もう一つは
ストレートシャンクと言う物で、テーパーの付いた円柱の棒がドリルチャックに差し込んでいるだけの物。
今回バラしたボール盤のチャックはこのタイプで、力のかかる部分なのに単に差し込んであるだけなのには
びっくりした。取り外しもあっけなくできたし。
e0135107_02291437.jpg
e0135107_02314325.jpg
それで、ホーザンのボール盤チャック取り付け部のネジ部分。サイズはM10(直径10ミリネジ)だ。
e0135107_16560084.jpg
当初、家にあったM10の六角ナットをねじ込むと入らない。ホームセンターに
ボール盤を持って行って、合うナットを探すもどれも合わない。そこでネジの勉強。
詳しい方なら常識かと思うけど、ネジ山規格には大まかに二種類あって並目と細目だ。
更にピッチ(ネジの山と山の間の長さ)の違いもあって複雑。
まあ、M10のネジ だったらほとんどが並目、ピッチ1,15が標準だ。
そこでピッチゲージで測ってみるとピッチは1,0の細目ネジだ。
細目ネジ ならピッチは1.25が標準で、このピッチ1.0はかなり特殊。
あちらこちらのホームセンターでこのネジ&ナットを探すもどこにも無くて・・・
e0135107_16581486.jpg
結局モノタロウでようやくゲット!ここにしか無かった。しかも種類もあまり無くてやや特殊なネジらしい。
e0135107_17155267.jpg
左がM10ピッチ1.15ネジで右が今回購入のM10ピッチ1.0の物だ。
普通素人はネジ径だけ見て、なんでも合うと思う(当方も)がネジ山にも種類があるとは厄介(苦笑)だねぇ。
e0135107_17224965.jpg
以前購入してた安物のタップ&ダイスセットに付属していたピッチゲージが役に立ったけど
DIYをやる人にとってはネジ山の種類などは常識も常識で、まあ誰もが最初は知らない訳で・・・
いい勉強になりました。



[PR]
# by dickermax | 2018-02-25 17:28 | 道具/工具類 | Comments(0)

ボール盤のカスタム

2月も半ばを過ぎての初投稿、今年も宜しくお願いします。
さて、AFV模型の製作ももう何年もしていないが、さりとて完全に引退したのでは
なく、まあ中々やる気が起きないので・・・
それで他の事にやる気があるのかと言うと、それも無く。。。
もうどうしょうもないね。

そんな中、目下の興味の対象はDIYで、毎日の様にユーチューブの動画を観ては
先人達の物を造る喜びを共有している。
そこで、ず〜っと懸案だったボール盤のカスタムに着手しようと重い腰を上げつつある?
e0135107_00285108.jpg
2007年に秋葉原で購入したホーザンのボール盤。
プロクソンのOEMで、模型製作ならこれで十分だ。

e0135107_00333033.jpg
ただ、チャック能力が6.5ミリで、この小型クラスのモーターの限界の様だ。
今回、このチャックを、ドリルチャック最大の13ミリクラスに変換するといった
このボール盤の搭載モーターでは過負担とも思えるカスタムをしてみたい。
e0135107_00520197.jpg
ドリルチャックは簡単に外せるので、そこに新たな左の13ミリドリルまで使用可能な
チャックを付けるだけの話。
e0135107_00591296.jpg
今ではネットで色々なドリルチャックが安価で購入可能だが今回付けるチャックは
もう15年以上前に購入した卓上ボール盤(卓上とは言っても13ミリクラスのチャック搭載の物は
かなり大型だ)ホームセンターの安売りの物で、購入後1〜2回使って、そのあまりの
室内での使いにくさ(大きさとか音とかに)に完璧に後悔し、以降物置の中で錆だらけだった。
そいつをバラしてモーターとドリルチャックだけは使えそうなのでクリーニングした物。

[PR]
# by dickermax | 2018-02-25 00:40 | 道具/工具類 | Comments(0)

座頭市vsプレデター!

何これ面白い!


ちなみに座頭市を演じている役者は菅田俊氏で
当方はあまり知らなかったんですが、たまたま今放送中のWOWOWの
ドラマ石つぶて(これが面白い!)で、たたき上げの鬼刑事役でいい味出して
いて、タイムリーでピンときた。


[PR]
# by dickermax | 2017-12-22 00:33 | etc・・・ | Comments(0)

ドラムサンダーを自作する

前々から作りたかったドラムサンダーを作ってみた。
既製品も市販されているがホームセンターで見ると硬質ゴム製(当方が欲しいのは
硬い物)でヤスリ部はマジックテープで固定する物なので100円ショップの物が使えない
のが痛い。まあ、簡単に作れてあると便利な道具ですよ。
e0135107_23531569.jpg
ベースの木板はアリモノで固定器具は前回作ったアルミ板、ボルトはディスクグラインダーの不用部品。実質0円でできた。
e0135107_14011641.jpg
e0135107_13594385.jpg
紙ヤスリの接着は両面テープで問題なかった。
紙ヤスリの取り換えは剥がすとなると厄介なので複数作るしかないが
具合が良ければもう少し大きいのも作るか・・・

最近、暇さえあればユーチューブのDIY動画を見ている。
彼らの凄いのはなんでも「自分で造っちゃう!」精神。まあ、そこがDIYの基本的精神なんだけどね。結構人の作るものに影響を受けるらしくて「俺ももっと凄いの造ってやる!」
みたいな感じで色んな人の バリェーションが観れるのも面白い。




[PR]
# by dickermax | 2017-12-10 14:04 | 道具/工具類 | Comments(0)